電話占いフィール 真希先生の鑑定

電話占いの鑑定とは一体どういうものなのでしょうか? 百聞は一見にしかずと言いますが、やはりある程度の心の準備はしておきたい・・・また、現在電話占いを受けるか迷っているそこのあなた!
ここでは、私が実際に受けた電話占いでのやり取りをそのまま書いていきます。電話占いとはどんなものなのか?
また他の電話話占い、占い師とは違う所を見つけて自身のために役立てて下さい。それでは、まずは占い師紹介からしていきましょう。

 

電話占い当たる口コミ.com 電話占い

 

 

鑑定占い師紹介

今回私を占って下さったのは、真希先生です!

 

電話占い当たる口コミ.com 電話占い

真希(まき)先生
鑑定歴16年~20年の真希先生は主にタロットや東洋占星術を用いてれんあい・不倫や復活愛などの恋愛相談はもちろんのこと、仕事や将来・家族関係などあらゆる悩みを解決してくださいます。
ほぼ毎日待機しており、待機時間も平均して12時間以上と長く、比較的利用しやすい先生だと言えます。
それだけでは無く、暖かい先生の鑑定は安心感、安定感がありリピーターも多く、オススメ出来る先生だと思います。

 

 

では、さっそく真希先生に電話をかけてみましょう!
ここからは私と真希先生の鑑定の様子を書いていきたいと思います。
一言一句漏らさずに書いていくので、こんな感じなんだとイメージしてくださいね!!

 

 

鑑定の様子

 

先生への気持ちを言葉にしてみませんか? レビューを書いて初回500ポイントなどの宣伝が流れた後、占い師にお繋ぎ致しますというオペレーターの声が流れて、占い師に繋がりました。

 

ここから料金が発生します↓

 

真希先生(以下敬称略)「もしもーし」

 

私「もしもし」

 

真希先生「はーい!こんにちは!」

 

私「こんにちはー」

 

真希「初めましてですね~」

 

私「はい、初めましてです」

 

真希「今日はどんなご相談でしょうかー?」

 

私「はい。恋愛の相談なんですけど、片思いを今していて、で、その相手と上手くなるかどうかを見て欲しんですけど・・・」

 

真希「はい、分かりました。えーと彼はーおいくつぐらいの方?」

 

私「えーと、私が今〇〇歳・・・今年〇〇歳になるんですけど、彼は私より1、2歳ぐらい上で、誕生日は分からないです」

 

真希「はい。うんうん、その方とはそれ以上は分かんなくて、で、その方とはどんな所で知り合ったのかな?」

 

私「えっと。私ジムに通っていてそれで彼はジムの受付の方なんですね。バイトでやっていて」

 

真希「あ、あちらもバイト。じゃあ、大学生かなんかかな?」
 
私「はい。そうですね」

 

真希「はいはいはいはい。分かりました。で? お知り合いになってから今どれくらいなの?」

 

私「そうですね。今三か月・・・ぐらいですかね」

 

真希「三か月ぐらい・・・ 最初からピーンと来るものがあったのかな? 最初にお会いした時に」

 

私「そうですーね、はい」

 

真希「うんうんうんうん。えーっと、じゃあ、受付でージムに行くときはちょっとお話をするっていうような感じですか?」

 

私「はい、そうですね」

 

真希「うんうんうん。で、えーっと。彼の個人的な事は何も知らない」

 

私「そうですね。分からないです」

 

真希「うんうんうん。これから先、今彼があなたに対してどんな風に思っているのか、ちょっと見てみましょうね」

 

私「はい、お願いします」

 

真希「はーい」

 

カードを切る音が聞こえる

 

真希「えーっとね、彼ね、なんでどういう状況でそこで働いているか分かんないんだけどね? 彼あんまりいい状態じゃなんですね」

 

私「ああ、そうなんですか?」

 

真希「うん、なんかいろいろ大変な事がある・・・若いのに、なんかねー結構ねいろんなことを背負ってる人であんまり軽い感じの大学生っていう風には出てこないんですよ。ですから、今恋愛モードになるような感じじゃないんですね彼」

 

私「あー、はい・・・」

 

真希「全然余裕が無くていろんな悩みを抱えているようですね」
 
私「はい」
 
真希「うん。でね、この方は1個か2個だとまあどっちにしろ、かなり一本筋の通った若いんですけどかなり頑固だし、自分の考えっていうのをしっかり持ってる人。本当に男らしい考えを持った人。優しいっていうか労わりの気持ちとかはあるんですけど、柔らかさとか柔軟さと言うものはこの人はどっちにしても1個か2個であたりだったらないです!」
 
私「あーはい」

 

真希「あくまでも自分のペースで生きていく人なので、これはあなたが自分の思いを打ち明けたとしても、自分に今余裕が無ければお断りする人です」

 

私「あ、なるほど」

 

真希「はい! ですから。この方はこの人自身もジムの事に関わっているの?それともあくまでも受付だけなの?」

 

私「受付ですね一応は」

 

真希「受付だけなの? 自分の身体を鍛えたりっていう事は・・・」

 

私「あ!それはあると思います!」

 

真希「あ、あるんだったらね、この方の場合にはねどういうね、あの・・・アタックの仕方が良いかっていうとね。告白よりも、たとえばあなたがジムでのちょっと困難な事、苦手なメニューね。そういう事を彼に相談してみるのが一番いい」
 
私「あーなるほどなるほど」

 

真希「うん。これがね自分どうしてもクリアできなくて、凄く難題だっていうのをね、困ってるっていうのをするとね、この人ってね人をね凄く助けてあげたい、自分が出来る事なら何でもやってあげたいって言うね親切心は凄く持っている人なのね。」

 

私「うんうん」

 

真希「だからねーまずそこ!」

 

私「なるほど」

 

真希「で、どちらかと言うとあなたもキュウシンセイの物が多いので人付き合いも上手くできるし、如才ない態度を上手く取れるんですが、結構ね内心では自分で不安な所結構あるんですよね」

 

私「そうですね(笑)」

 

真希「自分に自信が無いっていうかね(笑)」

 

私「うんうん(笑)」

 

真希「だからね、そこをそのまんま出せばいいのよ。この人の場合には」

 

「あー」

 

真希「自分の弱いところを知られたら嫌だとかそういう所は一切隠さない方が逆にこの人とは上手くいくんです」

 

私「!なるほど・・・」

 

真希「要するに自分がいないとこの人は困るのかなあ、とかお友達づきあいでもあーこの子は駄目だな俺がいないと危なっかしいな。ちょっと弱いんだよねっていう所がグッと騎士道精神を出してくるんですよ彼の方は」

 

私「あー」

 

真希「まあね、そんなに弱くなくてもちょっとね演じてみるんですよね。そうすれば彼の心に触れる事が出来ますよ」

 

真希「それで、あなたってとても頭が良いんですよ。頭の回転が速くてね」

 

私「ふふふ(照れ)」

 

真希「そうなんだけど!せっかくのその才能を使わないで殻に閉じこもっちゃうところがあるのよね」

 

私「あー」

 

真希「うん。だからね凄い勿体ないのよね。もっと自分を発揮すればいいんだけどね、そうすると結構いいとこまで、男と肩並べて仕事できるぐらいのね凄い才能を持っている人なんだよ」

 

私「はあーそうなんですか」

 

真希「うん。あのね、家庭よりも、あなたは一つのお仕事。で、あなたのエネルギーは上昇する人」

 

私「!そうですか・・・」

 

真希「うん、そうなんです。だからね一旦彼と仲良くなってしまえば、逆にね彼が悩んでることなんかっていうのはあなたっていうのは頭が良いのであらゆる方向から一つの問題を考えてあげる事ができるので、結構彼にとっても良いお相手になるんだよ」

 

私「ああ、ほんとですか

 

真希「彼ってね結構そういう所は意外と頭がねちょっとねがんこなんですよ。硬いところがあるんですよ。色んな見方っていうのが出来ないで結構すぐね行き詰っちゃうところがあるんですよ」

 

私「あー・・・」

 

真希「ちょっとね、単純な所もあるんでね」

 

私「ふふふ」

 

真希「そういう所がうんここはこうなんじゃない? ここはこういう風に思ってもいいと思うよって、逆に彼をあなたが助ける事が多いと思うよ」

 

私「ああ、本当ですかうーん」

 

真希「ただ、最初だけはね女の助けを借りるなんて! っていう重いね古臭い考えを持っている人なので。まずは、まずは!あなたが自分のの弱いところをアピールする」

 

私「分かりました」

 

真希「なんか自信なくてー。最近このまま続けていけるのかどうか困っちゃってるなんてね言ったらとたんに彼積極的になりますから」

 

私「ははは、本当ですか」

 

真希「はい、なので最初は作戦ですよ」

 

私「はい、作戦ですね。あの、えっとーあのー良い時期とかってありますかね?私と彼の」

 

真希「ああ、ちょっと待ってくださいね。えーっとですね。彼はちょっとね一つか二つていうので、両方からは見られないので、あなただけを見てみますね」

 

私「はい」

 

真希「うん、あ、今年はあれね。あなた人間関係とかに凄い縁がある人だね。良かったね。出会いも凄く多い人」

 

私「あ、本当ですか!」

 

真希「うん。それでねいま五月に入ったばっかりなんでね、これはね、今月はちょっと彼の状態は観察する状態で留めておいてください」

 

私「はい、分かりました」

 

真希「うん。あなたがね、どうせだめなんじゃないかとかマイナス思考に考えがちなんですよ。五月は」

 

私「えへへへ」

 

真希「だからちょっと彼が、すぐ自分の話にノッテきてくれないとすぐしゅんとしちゃうの」

 

私「うーん」

 

真希「うん。ダメージを受けやすいのでね。そういう所で、他の方法もあるさって意外とあなたが開き直れるっていうかちょっとぐらい、一回ぐらい忙しいからって言われてもね次を狙うっていう根性が出てくるのが六月なんですよ」

 

私「六月」

 

真希「うんだから、六月だとね作戦が成功する可能性がぐんと上がるので六月の五日から後にして下さい」

 

私「五日ですか?」

 

真希「そうです、五日からGOです」

 

私「はい、わかりました」

 

真希「はい、今から六月の四日まではちょっと今は彼を観察」

 

私「はい」

 

真希「うん。彼が今私がお伝えしたところで彼は頑固な男だよ。きっと、彼は上から目線な所も結構あるよっていうのをねちょっと頭に入れといて彼観察してごらん」

 

私「はい、分かりました」

 

真希「うん。それでね、また六月五日になってね自分がそこでいけたら一番いいし、躊躇するようだったらまた作戦一緒に考えましょ?」

 

私「はい、分かりました」

 

真希「はーい。応援してるから頑張ろう一緒に!」

 

私「はい!ありがとうございます~」

 

真希「はーい! ありがとうございます!」

 

私「はーい、失礼します」

 

真希「失礼しますー! はーい!」

 

 

 

感想・検証

 

真希先生の鑑定はこのような鑑定でした。

 

先生はサバサバしていて、進めるのが早いので無駄な時間が嫌いな私とは凄く相性が良かったです。
また、アドバイスもしっかりとしてくださるので、相談してみて損は無いかと思います。
ですが、少し相槌が多く、おしゃべりな先生ですので、じっくり落ち着いて鑑定してほしい人にはいい加減に鑑定されているように聞こえて不向きかと思います。
また、今回私は相手の生年月日は分からなかったので、私の憶測で占ってもらっていました。
生年月日が無くても大丈夫な先生もいらっしゃいますが、先生の鑑定は生年月日をしっかりと確認しておく必要性があると思いました。
私は半端に相手の事が分かっている状態で鑑定を受けたのですが、それでも先生の鑑定は良かったので相手の生年月日も分かれば、もっと正確な鑑定結果が出ると思います。
また、相手の年齢が憶測も出来ないとなら、相手の気持ちとかでは無く自分のことについて聞いてみると良いかもしれません。

 

では、真希先生の鑑定で当たっている!と私が感じた所、また残念だったな・・・と感じた所を紹介していきたいと思います。

 

 

まずは当たっていると感じた所を紹介します。まず一つ目↓

 

真希「で、どちらかと言うとあなたもキュウシンセイの物が多いので人付き合いも上手くできるし、如才ない態度を上手く取れるんですが、結構ね内心では自分で不安な所結構あるんですよね」

 

私「そうですね(笑)」

 

真希「自分に自信が無いっていうかね(笑)」

 

私「うんうん(笑)」

 

私、マイナスな方にもの凄い自信があるんですよ・・・(笑)
結構先生は褒めて下さってるんですが、確かにそうなのかな・・・といった感じで自信なかったんです。
でも、そのことまで当てられてしまうとそうですねと笑う事しかできませんでした(笑)
人に言われたからでは無く、実際昔っから自分に自信が持てないんですよ。
だからその後のアドバイスもとても納得してしまいました。

 

 

 

二つ目です↓

真希「それで、あなたってとても頭が良いんですよ。頭の回転が速くてね」

 

私「ふふふ(照れ)」

 

真希「そうなんだけど!せっかくのその才能を使わないで殻に閉じこもっちゃうところがあるのよね」

 

私「あー」

 

先ほどと似たような感じになるのですが、先生は私の生年月日を詳しく知っているから、本当に私の事は正確に言って下さるんですよね。
鑑定受けてる時、私あーとかそうですねとかしか返していないのに、頭が良いだなんて普通言えないじゃないですか。自分ではあまり感じていないのですが、友人にも良く言われることだったので本当に驚きました。先生私と知り合って何分かでしょ!って(笑)
さらに殻に閉じこもってしまう。っても納得です。私は長女で昔からいろんなことを我慢してきたこともあり、あまり自分でなにかやろうとかアクティブに動く事が少ないんですね。また、遠慮してしまう事も多々あるので、先生の言う殻に閉じこもっちゃうっていうのはそのことなのかなのやけに納得させらrました。

 

 

さらに三つ目です↓

 

真希「うん。あなたがね、どうせだめなんじゃないかとかマイナス思考に考えがちなんですよ。五月は」

 

私「えへへへ」

 

 

私自身が元々がマイナス思考ですが、既に先生に言われたことが実感するような出来事が多々あります・・・。
恋愛関連問わずにです。
先生の鑑定の前もありましたし、鑑定後もありました。鑑定後では先生の鑑定を想い出し、今だけだ!と自分を奮い立たせている毎日です。

 

 

では、逆に残念だった点はコチラになります↓

 

真希「で、どちらかと言うとあなたもキュウシンセイの物が多いので人付き合いも上手くできるし、如才ない態度を上手く取れるんですが、結構ね内心では自分で不安な所結構あるんですよね」

 

このキュウシンセイ。一体なんだろ?となりました。聞けばよかったのですが、先生の言ってることが正しすぎて、後々になって意識しました。
鑑定中は気にならなかったのですが、専門用語などは一般の人には分からないので控えて欲しいなと色々な先生に毎回感じています。

 

 

さらにこちらです↓

 

真希「うん。それでね、また六月五日になってね自分がそこでいけたら一番いいし、躊躇するようだったらまた作戦一緒に考えましょ?」

 

 

考え過ぎかなとは思ったのですが、この言葉裏を返せばまた利用してくださいって言ってるように聞こえました。
占い師も一応商売ですから、また利用してくださいとか、良かったら電話してくださいとか色んなこと言うのですが、こう間接的に言われると少しもやっとしてしまいました。
先生も善意で言っていると分かっているのですが、少し違和感を感じたので一応あげさせていただきました。

 

その他電話占い体験談はこちら

電話占いヴェルニ 春華先生の鑑定

電話占いカリス 優良先生の鑑定

 

評価

 

真希先生

鑑定満足度  
鑑定の早さ  
アドバイスの満足度  
総合満足度  
評価 当たっているかと聞かれたら、当たってるところも外れているところもあって・・・とお茶を濁してしまいますが、良い鑑定だったかと聞かれたら迷わずにはい! と答えます。鑑定も早く、また先生の口調も聞き取れるけれど早めの口調で、無駄な時間を使っていませんし、アドバイスの量もその分多く、また鑑定が終わった後妙なすきっり感があるのでお金を払って損をした! と言う感情は湧きませんでした。ただ、おしゃべりで口調も早い先生ですので、相性もあるかと思います。

 

電話占い当たる口コミ.com 電話占い

 

どこの電話占いにするか悩んだら・・・

 

当サイトでは、最新版の電話占いランキングも掲載しています。

 

多くの情報を元に作成したランキングですので、電話占い選びの参考になるかと思います。
口コミだけでは無く、ランキングも参考にして、是非あなたにピッタリな電話占いを選んで下さい!!

 

 

当たる電話占いランキングはこちら

あなたにオススメのページ

人気のページ

無料電話占い一覧を掲載


当たる占い師かどうか、自分に合う占い師かどうか、は相談してみないとわからないですよね?

電話占いを試すならまずは無料相談からがオススメ。

各電話占い会社の電話占いの無料キャンペーンを活用しましょう!

当たる順にランキングにまとめたので、無料キャンペーンを活用したい方はチェックしてください!

無料で利用できる当たる電話占いランキング