易学(易占)について

 

電話占い当たる口コミ.com 電話占い

 

易学とは

易学とは、別名「易占」とも呼ばれており、古来中国で考案された学問の一種であり紀元前3000年頃、伏儀という人物によって作られたと伝えられている易経という書物を元にして発案された学問と、それを元に考案された鑑定方法のことです。

 

易学の中では、自然界に存在するありとあらゆる事象の全ては「陰」と「陽」という二つの存在が組み合わさることによって生まれているという考えを持ち、この「陰」と「陽」の交わりから過去・現代・そして未来の全ての物事を読み取ることができるとされています。

 

このため、鑑定方法として易学を用いる場合、筮竹と呼ばれる竹製の専用の道具を50本揃えた状態で用い、この筮竹を竹ひごなど専用の容器に対して大まかに2つに分けた上で勢いよく投入し、竹ひご内にある筮竹が表現する形や別れる本数などから様々な情報を読み取り、その結果から鑑定の対象人物の過去や現在、未来を占うことができます。

 

様々な鑑定方法の中でも非常に高い的中率を誇る方法の一つで、適切な形で用いることによって、当たる確率はおよそ80%を超えると言われています。

 

また、人の過去や未来を占う運勢面での鑑定に最も適している方法ともされていて、逆にそれ以外の目的で活用する場合、他の方法を選択した方が的中しやすいという特徴を有していますが、反面、吉か凶かという二つの結果のどちらに属するかを占うのではなく、例えば、未来にどのような事が起こるのか?など、漠然とした結果を求める場合には適していない占術です。

 

易学とは、主に周易と断易というものがあります。
周易と断易にはそれぞれ説があって、周易と断易を同じものだと解釈する人もいれば、全くの別ものだと解釈する人もいますし、断易は周易の一部分だと言う人もいます。

 

 

易学はどんな時に使う?

 

過去や現在の出来事であったり、未来に発生する様々な出来事が自身にとって良い結果をもたらすのかどうかを判断したい時。
また、新しく発足する事業が軌道に乗るかどうか、特定の人物との結婚生活が吉と出るか凶と出るかを知りたいという時に利用すると良いでしょう。
自分がどうするべきかを最後に後押ししてほしい時にも最適です。

 

 

周易の方法は?

 

1、これから占おうとする目的を決める。

 

2、筮竹を使って卦を立てます(立筮)。六十四卦のうちの下の卦(内卦)を求めます。50本の筮竹を用意して、そこから1本だけ抜き取ります。
 その抜いた1本は、筮筒(ぜいとう)と呼ばれる筒に立てます。

 

3、 残った49本の筮竹を、集中して2つに分けます。

 

 

4、左手に持った方は天を表し、右手に持った方は地を表します。
 右手の地の方は机に置き、その置いた中から一本だけを取り出し(人を表す)、
 左手の小指に挟みます。

 

 

 

5、左手に持った筮竹の束から、8本ずつ数えていきます。
 人を表す一本も含めて、残りが8本以内になるまで数えます。
 余りの本数から、以下の八卦を当てはめていきます。

 

余りが1本 ・・・ 乾=天

余りが2本 ・・・ 兌=沢

余りが3本 ・・・ 離=火

余りが4本 ・・・ 震=雷

余りが5本 ・・・ 巽=風

余りが6本 ・・・ 坎=水

余りが7本 ・・・ 艮=山

余りが8本 ・・・ 坤=地

 

 

6、1~5のやり方で、上側の卦(外卦)を求めます。
   二度行うことで、64パターンの六十四卦が完成します。

 

7、次に「変爻」を求めます。最後にもう一度卦を立てましょう(立筮)。今度は、8本ではなく6本ずつ筮竹を数えていき、余りが6本以内になるまで数えます。
   余りの本数から、「何番目の爻を得た」と判断します。

 

 

余りが1本 ・・・ 初爻

余りが2本 ・・・ 二爻

余りが3本 ・・・ 三爻

余りが4本 ・・・ 四爻

余りが5本 ・・・ 五爻

余りが6本 ・・・ 上爻

 

 

これらの「内卦」「外卦」「変爻」の結果を組み合わせる事によって運勢が占えます。

 

 

断易の方法は?

 

 

1、これから占おうとする目的を決める。

 

2、占った日に相当する「月」と「日」の十干と十二支を調べる。

 

 

3、占いたい事柄(占的)を頭に描きながら、3枚のコインを投げるか、

 

 3個のサイコロをふって、その出た目で陰と陽を出す。

 

 裏と表が出るものであれば、何で占ってもかまわないらしい。

 

 コインの場合は表が多ければ陽で、裏が多ければ陰。

 

 サイコロは奇数が多ければ陽で、偶数が多ければ陰となる。

 

 

4、それぞれを6回繰り返し、出た目を順番に、陰と陽に分け、書いておく。

 

 陰と陽に組み合わさったものを64卦表のいずれかに当てはめる。

 

 

5、サイコロを振って得られた卦の中にある、占いたい事柄に該当する

 

 ものを見つける。

 

 

6、その用神にあらかじめ付けられている五行(木火土金水)と十二支と、

 

 占った月と日の五行、十二支との関係などを見て占う。

 

 これで80%くらいの結果が出る。

 

 

易学にオススメな電話占い

 

電話占いヴェルニ

電話占い当たる口コミ.com 電話占い

 

電話占い当たる口コミ.com 電話占い

電話占い当たる口コミ.com 電話占い

 

当サイトでは、最新版の電話占いランキングも掲載しています。

 

多くの情報を元に作成したランキングですので、電話占い選びの参考になるかと思います。
口コミだけでは無く、ランキングも参考にして、是非あなたにピッタリな電話占いを選んで下さい!!

 

 

当たる電話占いランキングはこちら

あなたにオススメのページ

人気のページ

無料電話占い一覧を掲載


当たる占い師かどうか、自分に合う占い師かどうか、は相談してみないとわからないですよね?

電話占いを試すならまずは無料相談からがオススメ。

各電話占い会社の電話占いの無料キャンペーンを活用しましょう!

当たる順にランキングにまとめたので、無料キャンペーンを活用したい方はチェックしてください!

無料で利用できる当たる電話占いランキング