みんなの電話占い リリィ先生の鑑定

電話占いの鑑定とは一体どういうものなのでしょうか? 百聞は一見にしかずと言いますが、やはりある程度の心の準備はしておきたい・・・また、現在電話占いを受けるか迷っているそこのあなた!
ここでは、私が実際に受けた電話占いでのやり取りをそのまま書いていきます。電話占いとはどんなものなのか?
また他の電話話占い、占い師とは違う所を見つけて自身のために役立てて下さい。それでは、まずは占い師紹介からしていきましょう。

 

電話占い当たる口コミ.com

 

 

 

電話占い師紹介

今回私を見て下さったのはリリィ先生です!

 

電話占い当たる口コミ.com

リリィ先生

 

恋愛・仕事や経営・将来や進路の悩み相談を得意とするみんなの電話占いの女性占い師さんです。
遠隔ヒーリングや霊感タロットを占術として使ってる電話占い師さんで、鑑定歴は10年。
みんなの電話占い内でのランキングでは現在、予約数3位!満足度4位!注目度2位のいずれも上位にランクインしている電話占い師さんです。

 

 

では、早速占い師のリリィ先生に電話をかけてみましょう!
ここからは鑑定の様子を一言一句漏らさずに出来る限りリアルに書いていきたいと思います!

 

 

電話占いをする前に・・・

さて、今回は電話占いを利用するにあたって普通に利用するだけでは足りない!と思い、みんなの電話占いが当たるのかどうかも気にしながら見ていきたいと思います。
勿論、電話占い師とは私との相性もありますので、当たらないこともあるかと思います。
しかし、明らかにマイナスな点や逆にプラスな点は見逃してはおけません!

 

マイナス

・お祓いや祈祷などの追加金額請求
・結果を先延ばしにする
・依存させるような占いの仕方(こうしないと不幸になる!などひたすら言う・人格否定等)
・アドバイスが的外れ
・原因や根拠を示さない

 

プラス

・鑑定結果がぶれていない
・過去や現在を当てている
・分かりやすい鑑定の伝え方
・前向きになれる鑑定

 

さて、今回の相談内容は片想いの恋愛相談です!

 

登場人物
私(山田花子)⇒A君、Bちゃんとは友達。
A君⇒現在彼女なし。Bちゃんとは高校卒業前に破局。
Bちゃん⇒A君の元彼女。私と友達。

 

 

相談内容は
少し前に彼女がいたAくん。その人と付き合えるか?というものです。

 

あえて、現在A君に彼女がいるのか、いないのかは分からないと言う事にしておきます。

 

また、元彼女と私は友達ですが、誰だか分からないという事にします。
伏せた上で彼女がどんな人か?という所を当てられたらプラスとして見ます。

 

さらに、これを見破る占い師はいないと思いますが・・・A君と私が付き合えるか?という相談。私と彼は双方仲は良いですが家族のような関係・・・事前確認でお互いに恋愛感情が無いことは確認済みです。なので、私たちも未来の事は分かりませんが、私が彼に対して恋愛感情が無いことを見破ったり、他に好きな人がいることを見破ったら大々的に無条件で取り上げさせていただきます(笑)
まあ、私が恋愛相談している時点でそのような事は無いと思いますが・・・。

 

では、以上の点を踏まえて電話占いとはどのような流れでやるのかを見て頂けたらと思います!

 

 

鑑定の様子

予約をして5分後、電話がかかってきました。

 

プルルルルル   ガチャッ

 

みんなの電話占いでは、どうやらいきなり占い師に繋がるようです。

 

ここから料金が発生します↓

 

リリィ先生(以下敬称略)「もしもし~?」

 

私「・・・」

 

リリィ「もしもし~?」

 

私「あ、もしもし~?」

 

リリィ「あ、山田花子さんですね?」

 

私「はいっ」

 

リリィ「はい。リリィと申します。初めまして~今日はありがとうございます。宜しくお願い致します~!」

 

私「はい。初めまして~」

 

リリィ「宜しくお願いしま~す。はい、山田花子さん誕生日が19〇〇年11月28日ですね?」

 

私「はい。そうですね」

 

リリィ「では、花子さんの今日のご相談内容をお聞かせください」

 

私「はい、えっと~気になる男の人がいるんですけど~。数年前に彼女がいて、今どうなってるのか分からないんですけど~その人と付き合えるのかどうかを見て欲しいんですね」

 

リリィ「数年前に彼女がいたこの人に?」

 

私「はい」

 

リリィ「えっと、今は連絡は取ってますか?」

 

私「とってますね~」

 

リリィ「あ、そうですか。分かりました~。お名前と生年月日差支えなければ彼のを教えて頂けますか?」

 

私「えっと~名前はA君。え~っと19〇〇年。4月の21日だったかな?」

 

リリィ「はい。えっと~花子さん今日初回という事で30分以内の鑑定にさせていただきます。プププップツ」

 

ここで電話の調子がおかしくなる。

 

リリィ「あ、すいません。30分・・・以内で終わらさせていただきますのでよろしくお願いします」

 

私「はーい」

 

リリィ「じゃあ今ちょっと見ていきますね」

 

シャシャシャシャ タロットカードを切っているよう(5秒ほど)

 

リリィ「付き合う可能性としてはありそうですけど?」

 

私「あ、ほんとですかあ?」

 

リリィ「でも、あの、連絡もされて上手く取れてていい感じですね」

 

私「ふーん」

 

リリィ「そんな雰囲気が伝わってくるんですけどそんなことないですか?」

 

私「あーどうなんですかねぇ…相手は、その彼女いるんですかね? そこが、分かんないんで」

 

リリィ「え~と、今の彼の現状・・・」

 

シャシャシャシャ タロットカードを切っているよう(8秒程)

 

リリィ「それは彼女がいるかどうか、まだ花子さんが聞けてない状態?」

 

私「そうですねぇ~」

 

タロットの音が聞こえる

 

リリィ「そう・・・なかなか怖くて聞けないですよね~?」

 

私「そうですね~へへへへ」

 

リリィ「そっかあ」

 

タロットの音が聞こえる(30秒ほど)

 

リリィ「そうだねぇ~もしかしたらまだ、続いてる感じがしなくもない・・・ですね。ただーっ。んーっと、なんかちょっと違和感があるみたいなのでーうーんそう。なんか彼女との関係性で悩んでる感じもしますね~。だからそこまで様子伺ったらどう? タイミング見計らって」

 

私「タイミング・・・?」

 

リリィ「うん。そう。だから彼の恋愛相談に乗ったりとか」

 

私「あー」

 

リリィ「うん。それで、なんか。別れ・・・際とか。もう別れたよって時を見計らって、じゃあ付き合おうかっていう方向性に持っていくってのは出来そうだけど」

 

私「う~ん。なるほど~。相手は私のことどう思ってますかね~」

 

リリィ「あ、うん。すごく一緒に居て楽しいし、いいなあ~と思っていると思いますよ」

 

私「それは、友達~みたいな感じですかね」

 

リリィ「まだね~」

 

リリィ「うん。でもすごく~あの~。感情が・・・なんていうのか。いいな~と思ってる気持ちが湧きあっがているカードがいっぱい出てますので~。始まる感じは凄くするんですよね~」

 

私「ふんふん」

 

リリィ「どういうやり取りしてますか? 同級生なんだよね?」

 

私「そうですね~」

 

リリィ「ラインで?」

 

私「ラインとかそうですね。」

 

リリィ「どっかいこ?とか」

 

私「あーそうですね。たまにしたり。実際どっかに行ったりもしますし」

 

リリィ「え、じゃあほぼほぼ彼女みたいな・・・」

 

私「いやいやでも・・・どうなんですかね。そうなんですかね」

 

リリィ「うん・・・でもだって・・・まだ何もないんだよね? その・・・こういった体の関係とかは」

 

私「ないです」

 

リリィ「そっかそっか。うーんでも、なんか進みそうだけどなあ~凄く」

 

私「ほんとですか~? その・・・可能性として何月ぐらいとかそういうのありますか?」

 

タロットの音が聞こえる(10秒ほど)

 

リリィ「その。なんかカードを多めに展開するので、花子さんが彼の事でなんかあたしに伝えて情報で話してくださることがあればなんか話してもらって」

 

私「情報・・・!?」

 

リリィ「あ、なんか情報っていうか。こんな感じで-すみたいな」

 

私「こんなかんじでーす・・・」

 

リリィ「その・・・彼の話で、こんなこと話してこんなところ行ったよみたいな」

 

私「あーそうですね」

 

リリィ「どれぐらいやり取りしてるのかとか」

 

私「あー結構やり取りしててー高校同じ部活でー」

 

リリィ「あ、そうなんですか、何やってたんですか?」

 

私「演劇やってて」

 

リリィ「演劇? へ~」

 

私「それで、あの・・・えーと卒業した後も後輩のやつ観に行ったりとか」

 

リリィ「へぇ~」

 

私「お、同じ学校に妹が行ってて」

 

リリィ「ほうほうほうほう」

 

私「そこの二人も・・・仲良いですね」

 

リリィ「へえ~えっ今〇〇歳!? 花子さん?」

 

私「いや、え~と〇〇歳ですね」

 

リリィ「へ~」

 

タロットを切る音(3秒ほど)

 

リリィ「え-とお付き合いをするのが今年の~う~ん半年もかからない。早ければ年内かと」

 

私「早ければ年内!?」

 

リリィ「うんうんうんうん」

 

私「え、それは彼女と別れて-って事ですか?」

 

リリィ「そうそうそうそう!」

 

リリィ「彼女と別れるのもね~だいたいね~え~っと・・・いま五月だよね?」

 

私「はい」

 

リリィ「11月かな」

 

私「11月・・・」

 

リリィ「今日の花子さんから見て、占うとね」

 

私「ふ~ん・・・」

 

リリィ「うん。で、12月には良い感じ花子さんと。今日の花子さんはそういう風に出てるので、花子さんの状況とか彼とのやり取りが深まれば、もっとこれが早くなりますし、動きも展開も早くなると思うんですけど」

 

私「ふ~ん」

 

リリィ「まあまあ。黙ってても付き合えると思いますけどね」

 

私「ほんとですか?」

 

リリィ「うん。何もしなくても。普通に」

 

私「う~ん。彼女がどんな人かって分かりますかね?」

 

リリィ「彼女は~どんな人だろう?そういう話を彼から・・・あ、怖くて聞けないのかはははは」

 

私「はははは」

 

リリィ「すいません(笑)失礼な事ばっかり・・・」

 

私「いえいえ(笑)」

 

リリィ「ふふふ・・・あー。彼女は・・・この彼って結構明るい方のなのかな?」

 

私「あー。そうですね」

 

リリィ「うん。だから彼女は結構割とこう・・・あの・・・ちょっと、物事を彼とは違って落ち着いてみているような所はあるみたいですね」

 

私「ふんふん」

 

リリィ「うん。だから一緒にノリノリになってわーって騒いだりする子ではなさそうですね。ちょっとこう・・・斜に構えてるというか。そんな雰囲気かな」

 

私「そういう所が合わないんですかね?」

 

リリィ「かも知れないね。彼とこう・・・いいね!それ一緒にやっちゃおうって子ではないですね」

 

私「あー」

 

リリィ「うん。・・・でも優しい子なんじゃないかな」

 

私「うんうん。」

 

リリィ「優しいと言うかね、こう彼とーあの、一緒にテンション上げていく感じは伝わってこない」

 

私「あ-」

 

リリィ「ちょっとネガティブな子かもしれない」

 

私「ネガティブ!あーなるほど。その真逆とかのほうがいいんですかね。どっちかっていうと彼に合うのは」

 

リリィ「うん。そうですね。うん、でもあんまり、意識し過ぎず! 彼と会ってる時。で、あの花子さんも猫をかぶらずに高校生の時の自分で良いと思うよ」

 

私「あ、本当ですか? ん~じゃあどうやったら付き合えますか?」

 

リリィ「うん。どうやったら付き合えるか?」

 

私「はい。お願いします」

 

リリィ「ふふふふ・・・何もしなくても付き合えるんだけど・・・ww」

 

私「え、何もしなくても!?」

 

リリィ「何もしなくてもというか、意識してあれやこれやとやらない方がいいかな」

 

私「何もやらないほうがいい・・・」

 

リリィ「あ、その、今何もやらなくてもスムーズにやり取りができてるじゃないですか?」

 

私「あ~」

 

リリィ「ね?」

 

私「はい」

 

リリィ「でしょ? ラインとかなんだよね、やり取りしているの」

 

私「そうですね~はい」

 

リリィ「そうそうそうそう。だから~あの~そのやり取りを楽しんでいけば良いんですよ。なんか変に小手先のテクニックとか使うと、変な感じになっちゃうから~」

 

私「なるほど」

 

リリィ「そうそうそうそうそう。悪くないんだよ?凄く二人の仲も。だから自然の流れに身を任せていけばいいんじゃないかな・・・ってアドバイスにも何にもなっていないんだけど(笑)」

 

私「へへへへ」

 

リリィ「あの、焦らなくていいですよ!」

 

私「あ、11月ですもんね~別れるって言ってたのが」

 

リリィ「そうそうそう。だから、変に自分のアピールし始めても彼が警戒するし。なんか気付いたら花子さんが隣にいたみたいにすればいいと思う。彼の隣に。分かる?」

 

私「はい、なんか・・・」

 

リリィ「彼が調子の悪いときとかね」

 

私「うんうん」

 

リリィ「彼の癒しみたいなのに、いる立ち位置になればいいんじゃないのかな」

 

私「なるほど~」

 

リリィ「そうそうそうそうそう。うんだから・・・あ、花子さんは今どんなお仕事しているんですか?」

 

私「あ、今ですか?今は普通に学生です」

 

リリィ「あ、そうなの。彼も学生?」

 

私「ああ、そうでそうです」

 

リリィ「うん。そっかあ! 学校は別々?」

 

私「別々ですね」

 

リリィ「そっか~じゃああれですね、会うあれも・・・中々ね。うん。そっかあ。いや~いいじゃん、学生」

 

私「ははははは」

 

リリィ「なんか・・・あの、別にほかの男の子デートしたっていいしさ~」

 

私「え、いいんですか?」

 

リリィ「え、良いと思うよ? だってまだ彼氏じゃないじゃない」

 

私「あ~そうですね。う~ん」

 

リリィ「そうそう。だから~、あの彼も多分そういうスタンスでお付き合いしていると思うから」

 

私「なるほど」

 

リリィ「だからその・・・不安に思う事はそのことかな?」

 

私「そうですね、後は私自身が付き合っても長く続かないタイプなんですけど、それって何か原因があったりするのかなって」

 

リリィ「えっと~続かないの?いつも」

 

私「そうですね、そんな長く続かないです」

 

リリィ「うんうんうんうん・・・どうしてかな~ってことですね?」

 

私「はい」

 

リリィ「うーんと、そうだね・・・えっと~どちらかというと花子さんはあれかなあ~あの、ちょっと男の子っぽいところがあるのかな?」

 

私「へへへへへ。あーそうですねえ」

 

リリィ「うん。でー、あの~その声のトーンだとか伝わってくるイメージからすると、外見とそのイメージが一致していないんじゃない?」

 

私「外見とイメージが一致していない・・・?」

 

リリィ「うん。なんだなんだそのっ、お付き合いする前の男性がいいな~って思って近づいてくる外見が、もしかしたら可愛らしい感じで、いざ付き合ったらすごいこの子ボーイッシュ!みたいな」

 

私「はははは、なるほど」

 

リリィ「ははは。それみたいだよ。でもそれはいいんですよ。そうやって勝手に外見で寄ってくる相手が悪いから・・・うん。で、あと、一番の理由としては花子さんが自分をちょっと受け入れがたくしているのかなって感じがするんですよ。なんていうのかな~花子さんってあんまり自分の事好きじゃないでしょ」

 

私「あーそうですね」

 

リリィ「それ!一番は。で、自分の事自信がないからーなんかせっかく、いいなーって思ってお付き合いしようとしてくれている男の子がいるとするじゃないですか、で、まあ花子さんもその時彼氏がいなくていいよってなるとするじゃないですか、でー自分がその人の事ちょっといいなって感じ始めるまでに、花子さんちょっと自信がないから、嫌われないような態度するんですよ」

 

私「あー」

 

リリィ「そうすると、その男性はなんか花子さんが何を考えているのか分からなくなっちゃって、そこで、やり取りがおかしくなっちゃたりする感じはするね」

 

私「うーん」

 

リリィ「だから、ちょっとね、あとはまあ・・・」

 

私「あの・・・」

 

リリィ「どうぞ?」

 

私「あの、そうだと自分・・・どうすればいいんですかね?」

 

リリィ「はははは」

 

私「はははは」

 

リリィ「うん、じゃあ花子さん自分のどういう所が嫌だと思う?」

 

私「自分の嫌な所ですか?」

 

リリィ「うんうん」

 

私「なんか・・・内気な所とかですね」(あり過ぎてそれしか出なかった)

 

リリィ「あーで、ちょっと内気だけど芯が強いところだよね」

 

私「あー」

 

リリィ「我が強いと言うかね、融通が利かないと言うかね(笑) そういう所があるんだよね。で、それに対してーそのやっぱり、うん・・・そうだなー自分から好きになった人に対してはそこまで内気じゃ無いと思うんですよ。彼もそうなんだけど、つなげていきたいと思うし、えっと~このAさんだと、花子さんの良い所も悪いところも知っているから、割と付き合う事になったら上手くいくと思う」

 

私「あーじゃあ、付き合った後の事とかは心配しなくてもいい感じですか」

 

リリィ「心配しなくていいと思う」

 

私「ふーむ」

 

リリィ「うん、自然体が良いです。自分の内気ってところも花子さんはそれをネガティブに捕えているかもしれませんが、あのーなんだろうなその反面長所でもあるんですよ。自分がもじもじしちゃうってところは、あのーおしとやかって映るかもしれないし、出しゃばらないっていう点もあるし、長所と短所は別にーこう、表裏一体なので捉え方次第です。自分の。だから良いも悪いもないです。その人のパーソナリティとして。だから花子さんは良く聞くありのままってその事だと思うんで、自分自身をこういう私っていうのを一生懸命こう・・・日々の生活でアピールじゃないけど、こう、出していけばあのー自然にお友達とかとのやり取りが上手くいくと思うし、その・・・女友達とギクシャクしているんであれば」

 

私「あー」

 

リリィ「そこが、付き合いにくさとか。たぶんそういうのも感じていらっしゃるのかなっていうのも伝わってくるんですよ」

 

私「ふふふ」

 

リリィ「人とのコミュニケーションってところで。誰も私の気持ち分かってくれないとか」

 

私「あー」

 

リリィ「で、上手く伝えられないからそれが。あなたはねぇ・・・」

 

私「ふーん」

 

リリィ「とか。そんな感じ・・・でも次の恋は絶対に上手くいきますよ」

 

私「あ、ほんとですか。じゃあ今回していただいたアドバイスを元に頑張らさして頂きます」

 

リリィ「あはは。頑張らなくていいよ」

 

私「あ、そうですね、自然体で(笑)」

 

リリィ「その、後楽しむってところをイメージしていただけると良いので、その楽し-っていう事を体感。だからもっとお芝居沢山見に行ったりとか、彼とそういう時間を過ごせるタイミングをたくさん作っていくと、うん。もっとお互いの距離が縮まります」

 

私「はい」

 

リリィ「うん。頑張って~」

 

私「はい。ありがとうございました」

 

リリィ「学生生活楽しんで下さい」

 

私「がんばります」

 

リリィ「また近況でも教えて下さい」

 

私「は~い」

 

リリィ「お幸せにお過ごしください。ありがとうございます」

 

 

 

感想・検証

電話占い当たる口コミ.com

以上の様な鑑定になっていました。

 

そして、今回私は電話占いとはどのようなものか?を皆さんにお知らせすると同時に、その電話占い師が本当に当たるのかどうかも調査させて頂きました!
しかし、電話占い師が当たるかどうかは時間が経ってみないと分からない。はたまた、時間が経って仮に外れていてもそれは運命が変わったから・・・そうなる事は勿論分かっています。
なので、未来のことで本当に当たる占い師を見つける事は困難というか、不可能に近いです。

 

では、過去や現状の事であれば?
当然「霊感」という名の付く占術を使う占い師であれば、自分の事だけでなく相手の事も分かるはずです!

 

外れていた点

リリィ「そうだねぇ~もしかしたらまだ、続いてる感じがしなくもない・・・ですね。ただーっ。んーっと、なんかちょっと違和感があるみたいなのでーうーんそう。なんか彼女との関係性で悩んでる感じもしますね~。だからそこまで様子伺ったらどう? タイミング見計らって」

 

私「タイミング・・・?」

 

リリィ「うん。そう。だから彼の恋愛相談に乗ったりとか」

 

私「あー」

 

リリィ「うん。それで、なんか。別れ・・・際とか。もう別れたよってときを見計らって、じゃあ付き合おうかっていう方向性に持っていくってのは出来そうだけど」

 

最初は付き合っているかどうか微妙だと濁していましたが、後々彼女がまだいる体で話していました。
この鑑定の後再びA君に連絡を取り、彼女がいるのか確認したところ「いない」という答えが返ってきましたので、残念ながら彼女がいるかいないかは外れの鑑定です。

 

また、今回の先生とは相性が微妙だったのかあまりズバッと当てられた感じはしませんでしたが、その反面明らかに違う事も言われませんでした。

 

 

当たっていた点

リリィ「ふふふ・・・あー。彼女は・・・この彼って結構明るい方のなのかな?」

 

私「あー。そうですね」

 

他人が彼に感じる第一印象はこの明るいでしょう間違いなく(笑) その次に面白いだったり何だったりが出るのかなって思います。

 

 

リリィ「うん。だから彼女は結構割とこう・・・あの・・・ちょっと、物事を彼とは違って落ち着いてみているような所はあるみたいですね」

 

リリィ「ちょっとネガティブな子かもしれない」

 

リリィ「うん。・・・でも優しい子なんじゃないかな」

 

Bちゃんの印象も当たっていると思います。第一印象は落ち着いているクールビューティーで当たりです。
また、ネガティブなのも当たっています。優しいのも当たっています。
ただ、あと一つ上げるとすれば警戒心は強いですが仲良くなってしまえば犬みたいな子です。まあ、Aくんと一緒に盛り上がるタイプではないのも当たっていましたし、こうしてみると、先生は相手や自分の人柄を見極める力には長けていそうです。

 

また、次に紹介するのはビビった! と思ったところです。

 

 

リリィ「自然にお友達とかとのやり取りが上手くいくと思うし、その・・・女友達とギクシャクしているんであれば」

 

私「あー」

 

リリィ「そこが、付き合いにくさとか。たぶんそういうのも感じていらっしゃるのかなっていうのも伝わってくるんですよ」

 

私「ふふふ」

 

これはビビりました。確かに私の話し方とかはコミュニケーション得意な人の話し方ではありませんでしたが、かといってそれだけで女友達とギクシャクしている事を当てられるとは・・・!
丁度この時、一人の女友達のSNSの仕方が気に食わなくて距離を置いていたりだとか、高校時代の友達と連絡が取り辛くなっていたりだとかそういったことが起こっていたんです。
恋愛相談の話でこんな事を当てられるとは・・・。凄いですね!

 

 

評価

鑑定満足度  
鑑定の早さ  
アドバイスの満足度  
総合満足度  
評価

少しコールドリーディングっぽいなと思いました。私の人となりであったりは確かに鋭いなあと感じましたが、結構誰にでも当てはまるような事を言われた感じはします。ただ、AくんやBちゃんの性格や人柄はバッチリ当てはまっていました。
あと、個人的にタロットカードって展開まで時間が掛かる物なのですが、先生は飽きさせないように?か分かりませんが喋りながらやっていました。これは人にもよると思うのですが、良いと思う人ともっと真剣にやって欲しいと思う人がいるのではないかなと思います。
過去は微妙ですが、相談者の現状を見るのには良い先生だと思いました。

 

 

電話占い当たる口コミ.com

 

 

当サイトでは、最新版の電話占いランキングも掲載しています。

 

多くの情報を元に作成したランキングですので、電話占い選びの参考になるかと思います。
口コミだけでは無く、ランキングも参考にして、是非あなたにピッタリな電話占いを選んで下さい!!

 

 

当たる電話占いランキングはこちら

あなたにオススメのページ

人気のページ

無料電話占い一覧を掲載


当たる占い師かどうか、自分に合う占い師かどうか、は相談してみないとわからないですよね?

電話占いを試すならまずは無料相談からがオススメ。

各電話占い会社の電話占いの無料キャンペーンを活用しましょう!

当たる順にランキングにまとめたので、無料キャンペーンを活用したい方はチェックしてください!

無料で利用できる当たる電話占いランキング