気になる!電話占いの頻度や回数はどれくらい?

電話占い利用頻度 平均時間 依存症 

Yahoo知恵袋を閲覧していたところ、こんな疑問がいくつか紹介されていました。

「電話占いをしている方に質問です。みなさんはどのくらいの頻度で電話占いをやっていますか?」

・・・確かに!確かに気になりますね!

ですが、どの回答もパッとしたものが無く「その時による」「人による」「相談事による」というものでした。

さて、ここまで気になってしまったら調べずにはいられません!
あらゆる方法を駆使し、今回多くの人が電話占いをどれくらいの頻度で使っているのか調べました。(膨大な量の掲示板書き込み巡回しました・・・)

もし、気になる方がいたらこの記事を読んで自分と比べてみて下さいね!

運勢占いの時の電話占い利用頻度

運勢占いなどの簡単な占いは、結果を聞けば満足できるもので、当たってなくても特にどうという事もない気軽なものです。

初めて電話占いを受ける際に、自身のこれからの運勢や自身の将来なんかを聞く人が多いですが、これは頻繁に聞くのはあまり良いものではないです。

このような運勢占いなどの場合は基本的に同じ占い師であるのならば何度も占ってもらうのはあまり良くありません。

何故ならそう簡単に未来は変わらないので、占い結果があまり変わらなかったり、まったく同じ結果になることがあるからです。

せっかく電話占いをするのであれば、前回と同じ鑑定結果なんて嫌ですよね?

なので運勢占いの場合は、頻繁に利用しないようにしましょう。

大体オススメなのが3.4ヶ月に1回の頻度での電話占いです。

1ヵ月ではそこまで変わりませんが、3.4ヶ月だとそこそこ鑑定結果が変わってきます。

半年に1回だと真新しい鑑定結果なりますが、そうすると1年に2回しか電話占いを利用する事にならないので3.4ヶ月がオススメです。

複雑な悩みの時の電話占い利用頻度

電話占い当たる口コミ.com 電話占い

複雑な悩みの時は、電話占いをする時間も長くなりがちですし、時には状況確認や様子見などのために、再度電話する事もあります。

また、複雑な悩み事の場合は一度で解決する事が出来ればなんてことはありませんが、問題が長引けば長引くほど不安になり電話占い利用頻度も多くなっていきます。

なので具体的な電話占いの利用頻度を出す事は出来ませんが、2週間に1回程度ではないかなと予想しています。

ここで気を付けて欲しいのは、複雑な悩みで問題が解決しない時ほど電話占い依存症電話占いジプシーになりやすいです。

自分で電話占いをする期間を決めて、その期間が過ぎたら電話占いを一度ストップするなどのメリハリを付けてやると、自分の現状を落ち着いて見つめ直す事が出来、電話占いにのめり込みにくくなります。

電話占い依存症の人の利用頻度

電話占い当たる口コミ.com 電話占い

悩みは何を占ってもらうかで、電話占いを利用する頻度が違う事が分かりました。

しかし、明らかにおかしい電話占い利用頻度の場合は、電話占い依存症の可能性がある為、電話占いを控える必要があります。
≫≫やめられない!助けて! 電話占い依存症克服方法

電話占い依存症であると分かるレベルの電話占い利用頻度は週3回からと考えましょう。

週に2回でも多い方なのですが、占い師が自分に合わなかった場合などを考えると、週に3回以上電話占いを利用してしまう方は電話占いの利用を控えるべきです。

正し、自分の電話占いスタイルでオンとオフの切り替えをすぐにすることが出来、週に3回以上やった次の週からは電話占いをしないなどの方は、電話占い依存症ではないので安心してください。

また、週ごとでは無く一日に何回も電話をしてしまう……電話占いをして先生に意見を聞かないと不安でしょうがない……という場合などは重度な電話占い依存症の為、専門家の診断が必要かと思われます。

平均的な電話占い利用頻度

電話占いを普段から利用する人の電話占い利用頻度は約2週に1回です。

しかし、リピートしていない方を統計に入れると1.2ヶ月に1回程度が妥当ではないかと思われます。

電話占いを利用する際は、不安な気持ちや心細い気持ちから電話する事もあります。

なので頻度など気にしていない方が多いかもしれませんが、多くの人の電話占い頻度を参考にして、自身の電話占い生活を見直す事で、より良い電話占いが利用できるのではないかと思いますので皆さんもぜひ参考にしてみて下さいね!

占いは定期的に利用するのが良い

電話占い

占いは、同じ占い師に期間を置かずに同じ内容を占う事は基本的にはあまり良くないとされています。

それは、同じ内容を占ったとしても占い結果が変わらないばかりか、霊感霊視を使った物であったら、彼の気持ちを覗きすぎて、彼が気持ちを覗かないで!と先生の力をシャットダウンしてしまう事もあるのです。(これは先生の腕ではどうしようにもできない事です)

では、どんな時に占いを再びすればいいのでしょうか?

1つは、期間が空いていなくても、先生の言った通りの結果が出たり、状況が変わってきた時です。

この場合は、占いの結果が出たことにより終わったと言う見方や、状況が変わったことにより違う鑑定結果が出るという事になるので、再び同じ内容で占いをしても大丈夫です。

また、もう1つは1.2ヶ月待っても状況が変わらない時です。

その時は何も変化が無かったとして鑑定結果が出ていることになります。
なので、同じ内容で占い師に占ってもらっても大丈夫です。

それとは別に、占い師から〇月に××が起こる~、〇ヶ月以内に××になる~などと言われた場合はその期間まで待ってみましょう。

悩みの相談では無く、総合的に自身の運勢を見てもらいたい場合は、占術にもよりますが3.4か月に1度定期的に見てもらう事が良いそうです。

理想的な電話占いとの付き合い方

電話占い

占いは基本的には結果が出た時や変化があった時、しばらくたっても状況が全く進展しない時に使うのがおすすめです。

また占術によっても理想的な占い頻度は変わってきます。

霊感霊視- 霊感霊視はその時その時物が視えますが使いすぎると相手の気持ちが視えなくなってしまうので1.2ヶ月に1度がオススメ。

タロットなどの卜占- タロットではその時その時でよく結果が変わり、基本的に3ヶ月以内の事を占っています。他の占術に比べて短期的なので毎日でも大丈夫です。

四柱推命などの命占- 命占は基本的には変わりません。しかし1年の運勢を占ったり他の占術と掛け合わせて使う事があります。

波動修正やヒーリング- 自分の運が悪くなったと感じた時です。最近何かとトラブルに巻き込まれる、なんとなくついていない。そんな時に受けることをオススメします。

理想的な電話占いの使い方は、自分の悩みと占い師の占術や結果などすべてを考慮し、自分に無理のない頻度で占いを楽しむことです。

どれぐらいで受ければいいのか分からない!という場合はお世話になっている占い師に聞いてみても良いでしょう。

また、別の占い師であれば同じ内容の悩みを相談しても良いですが、その際には前の占い師と同じ占術を使っていないかチェックし、もし同じであれば避けるのが無難です。

まとめ

電話占いの平均利用頻度は1.2ヶ月に1度です。

何か悩みがあってその悩みを解決するために電話している場合は、何も変化が無くても1ヶ月に1度電話占いをしてみる事をオススメします。

変化があった場合や、占い師に期間を指定されていた場合はその時に連絡すると良いでしょう。

また、自分自身の運勢を占ってもらいたいのであれば、3.4ヶ月に1度のぐらいの頻度での占いをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です