家相について~当たる占い師も紹介~

家相占い 占い師 電話占い おすすめ 当たる 口コミ 占術

家相とは?

家相は古代中国に生まれた占いのひとつで、奈良朝の頃宮廷建築に伝わり、やがて日本の建築技術の進歩や気候風土、習慣などの影響を受けて少しずつ変化しながら現代へと伝わったと言われています。

初めは心地いい家つくりの為の生活の知恵でしたが、後に陰陽五行説などの占いの要素が盛り込まれました。

現代では家相の占いの部分だけがクローズアップされがちですが、心地いい生活をするうえで家相はとても身近な知恵でもあるのです。

家相では何が分かるの?

占い師さんに家相で占ってもらうと、自分の家の家相が良いのか悪いのかを見てもらう事が出来ます。

引っ越しの際や家を建て替える際等に家相を見てもらう方が多いです。

中には引っ越してから悪いことが続いていて、原因を知るために家相で占ってもらう方も。

家相を気にして全部を吉にするのは中々難しく、一部を取り入れる方やまた凶方向を知っている事で風水を取り入れたり、気の流れを良くするなど対策をする方もいます。

基本的には全部が凶方向の家・・・等振り切れて悪い場合は引っ越しを考えた方が良さそうですが、一部屋だけが凶方位などはご先祖様や守護霊が守ってくれるので神経質になる必要は無いなども言われています。

風水と家相の違い

電話占い

風水と家相。似ているけれど何が違うのか?

風水では、ラッキーカラーの話などが出てきますが、家相にはそういったラッキーカラーなどはありません。

また、風水は吉凶の気の流れを物の位置で制御するのに対し、家相は方位や間取りから水回りの配置と家の形状を気にするように出来ています。

風水と同じく中国から伝わったとされる家相は、実は日本独自のもの。

風水の考え方をベースに、日本の気候や文化が色濃く反映されたものになっています。

家相も風水も同じ方位を使った占術ですが、方位の考え方も違っています。

風水では万人にとって凶となるような方位はなく、その人の生まれた年などによって吉凶が変わってきます。

それに対し家相では、鬼門・裏鬼門の方角を凶とする考えがあり、万人に対して玄関の良い方角や階段の悪い方角などが決まっています。

家相の見方

基本的にな専門用語

家相を見るに至って専門的な用語が多く存在します。

まずは基本的な用語の意味を理解し、それから各部屋の家相を見ていきましょう。

張り・欠け

電話占い

欠けとは、建物が四角形の短形だとすれば、各辺の長さの3分の2以内がへこんだ形のことを言います。

電話占い

張りとは、建物が四角の矩形とすれば各辺の一辺の長さの3分の1以内が出っ張った形のことを言います。

北西や南東の張りは吉相、北東や南西は全く張り・欠けがないのが良いと言われており、欠けは凶相と言われています。

また、張り欠けの判断は基本的に一階でのみ。

二階だ三階に対しては制約がありませんが、一階よりも二階が張り出している場合は立体的な一階の欠けを生むので大凶相となってしまいます。

正中線・四隅線

電話占い

正中線とは、家相盤上で、東西の縁と南北の占が重心で垂直に交差した線の事を言います。

四隅線とは、北東から南西の線、南東から北西の線が、重心で垂直に交差した線の事を言います。

この二つの線は神聖な領域であり、家相を考えるうえでもこの線上には不浄なもの、水回りや火気が重なってはいけないとされてます。

正中線と四隅線が交わる真ん中の線、家の中心に値する場所の事を宅心と言います。

宅心は家の中心ですので、ここに凶相が入ってしまうと、家全体が凶相になり大凶へと転じてしまうと言われています。

なので宅心には不浄なものは勿論、欠けのある階段や吹き抜けなども凶作用になりますので避けなければいけません。

鬼門・裏鬼門

電話占い

家相を気にする際に必ず聞くこの鬼門・裏鬼門。

現在の方角では鬼門が北東、裏鬼門が南西とされています。

家相の中では最も凶の方角とされており、家相を意識した間取りはこの方角を避ける所から考えていきます。特に水回りや人が頻繁に出入りする場所はこの方角は大凶相であると言われていますので、注意が必要です。

家相では三所に三備を設けてはいけないとされ、三所とは、鬼門・裏鬼門・宅心の事を良い、三備とは、トイレ・台所・玄関のことを言います。

一般的には良くないイメージの残る鬼門・裏鬼門ですが、他の方角と比べて三倍の効力があるので、鬼門を上手に使う事で三倍の幸福を掴めると言われています。

画像:https://outinonayami.com/sintiku/kasou

各部屋の家相を見る

玄関

電話占い

玄関は、家の間取りを見る際に家相では最も注目すべき場所です。

何故なら、玄関は家の顔でもあり、客人を迎える所で家全体が発するイメージを社会に発信する場所でもあります。

また良い運気も悪い運気も玄関から入るとされていますので、玄関を鬼門や裏鬼門に配置してしまうと最凶の運気を家の中に招き入れてしまいます。

最も良い方角・・・南東(大吉)・東・南・北西
悪い方角・・・西
最も悪い方角・・・南西(裏鬼門)・北東(鬼門)・正中線、四隅線上

階段

電話占い

階段を作る際に絶対に気をつけなければいけない事は、階段を中心に配置してはいけないと言う事です。

家相では階段も欠けに該当しますので、建物の中央に配置するのは凶事を招くと言われています。

欠けであるがゆえに、どの方向に配置しても吉にはなりませんので、凶の方角を避けることを考えましょう。

北玄関でそのすぐ近くに階段が配置されている間取りは凶を呼びやすいので気をつけましょう。

また、階段の下に神棚や仏壇を作るのは神様や仏様を踏みつけているのと同じこと。絶対にやめましょう!

最も悪い方角・・・北・北西・宅心

リビング

電話占い

リビングは一日の多くの時間を家族で過ごす場所です。そのため、光の良く入る場所に配置するのが良いとされています。

南から東にかけて運気が上がります。

家相上はどの方位でも凶相となることは無いリビングですですが、家族が集いコミュニケーションを取る場所ですので出来る限り居心地のよい環境を作るのが良いでしょう。

日当たりや風通しなどにも気を使いましょう。

また、最近では間取り上2階にリビングを作るお宅もあるようですが、家相上は2階に作っても特に問題はありません!

また、リビングで窓を作る方位には神経質にならなくても大丈夫ですが、ベランダなどの外の出入りに使う窓を作る場合は、玄関の相を気にしましょう。

最も良い方角・・・南東
良い方角・・・東・南・北西

寝室

電話占い

寝室はどの方位でも吉相になります。

しかし、祖父母世代と一緒に暮らしている三世代家族には注意が必要です。

最も良いとされている北西に祖父母の世代がるとその下の世代の運気が開けないされています。北も凶相となりますので注意しましょう。

また、寝室はどこの方角でも良いとされていますが、家族定位・九星方位・十二支方位等を元にして家族の寝室を決めるとさらに運気が開けてくるでしょう。

最も良い方角・・・北西(大吉)

良い方角・・・北・北東・東・南東・南・南西・西

高齢者の寝室

最も良い方角・・・東・南東・南・西

良い方角・・・北東・南西

最も悪い方角・・・北西・北

子供部屋

電話占い

基本的に水回りが良い状態であれば、子供の成長に関しては何の心配もありません。

しかし、子供の成長に少しでも良い影響を与え値と思うのはごく自然な事。

子供は2.、3人といる場合は配置を決めるのに難しくなりますが、子供は純粋でか弱く家相の影響を受けやすい為、小さなお子さんなどには特に吉相の良い方角に配置してあげると良いでしょう。

北は集中力を高め、東は出世すると言われています。

しかし、北の場合は湿気が籠りやすいので風通しを良くしてあげましょう。

また、南は悪いとしましたが、南側に部屋を配置すると集中力は無くなりますが、明るく社交的になりますのでスポーツで活躍したいお子さんにはオススメいたします。

最も良い・・・東(大吉)・南東・北

良い・・・西

悪い・・・北西・南・南西(裏鬼門)・北東(鬼門)

台所

電話占い

台所は、水を使うため、水回りの家相にも気をつけなくてはいけませんし、同時に火を使う家相でもある為、火の家相にも気を付ける必要があります。

また方位だけでなく、配水管が建物の下を通っているのも良しとされていませんし、暗い台所も料理に良いエネルギーを与えることができないとされています。

トイレや洗面所等と隣り合っている間取りも良いとされません。

さらに、最近ではあまり見かけませんが勝手口は台所では無く玄関の家相でみなしますので、玄関の相を同時に見る必要があります。

主婦と長女の生まれ年の十二支方位も出来る限り避けるようにしましょう。

最も良い方角・・・東・南東・北西

最も悪い方位・・・北・南・西・北東(鬼門)・南西(裏鬼門)

トイレ

電話占い

基本的に水回りは気にした方が良いとされている家相で、トイレは家族の健康運を決めるものです。

こちらも優先的に配置しておきたいところ。まず、家の中心や鬼門・裏門は避けましょう。

また家族の十二支方位は出来れば避けましょう。

二階などにトイレを作る場合は、神仏の隣にトイレを配置すると凶相に。トイレの外部近辺に池があると大凶に。

トイレの汚水管は、最短距離で外に出す設計が理想で、家の下に通さないようにしましょう。

最も良い方角・・・北西・東・南東

最も悪い方角・・・北・北東(鬼門)・南西(裏鬼門)・南・西・正中線、四隅線上(大凶)

浴室

電話占い

お風呂は家族が一日の疲れを取るリラックスできる場所です。浴室の位置は家族の健康運にも関わってきます。

鬼門・裏鬼門の方角は基本的に凶相ではないので配置しても構わないでしょう。

ですが、火を起こしてお湯を暖めるタイプのお風呂の場合と、お風呂のお湯を再利用して選択で使う場合はは凶相になるので避けましょう。

また、浴槽の排水溝が正中線や四隅線にかかるように配置してしまうと、大凶相になってしまうので注意しましょう。

最も良い方角・・・東・南東・南・北西

最も悪い方角・・・

神棚・仏壇

電話占い

神棚・仏壇は基本的には同じ空間に配置しても問題ないとされています。しかし、仏壇と神棚が向かい合う配置にならないように気を使いましょう。

神棚・仏壇を置く際の吉相は南・南東・東ですが、宗教によって吉の方角が定められていたり変わってる場合があるので、分からない人は一度確認を取りましょう。

もし、神棚や仏壇を二階がある家の一階に配置する場合は、「雲」や「天」と書いた紙を神棚や仏壇の真上に張りましょう。

最も悪い方角・・・北東(鬼門)・南西(裏鬼門)・宅心

家相を扱えるオススメ電話占い師

電話占いヴェルニ 美園 環希先生

美園環先生 電話占いヴェルニ 当たる 電話占い師 口コミ 評判

鑑定歴・・・20年
料金・・・1分/340円※2020年6月 現在

紹介
メディアにも多数出演経歴のある先生で、占いコンテンツ・アプリの監修もなさっています。
原宿占い館タリムにて対面鑑定も行っており、相、家相も簡単なご質問にはお答えできます。本格的なご相談の場合は、対面での鑑定の方がより詳しく相談に乗ってくれるので良いでしょう。
一度試しに転居や吉方位を聞いてみるのも良いかもしれません。

~口コミ~

今回は「今年の運勢」のような形で質問したかったので、霊視等ではなく占術をもとにアドバイスいたただける先生がいいなあと思って、初めてお電話しました。
とても優しい語り口で、占断の根拠も分かりやすく、押し付けがましくないのに前向きな気持ちにさせてくれるアドバイスをいただけました。
あまり長い時間ご相談できませんでしたが、テキパキとお答えくださって、一流の先生だなぁという感じがしました。
今度はもっとゆっくりお話できたらと思います。
前向きな気持ちをくださり、ありがとうございました!

先生、先程はご丁寧な鑑定をして頂きありがとうございました。何を言われるか緊張していましたがとても話し易くてつい沢山質問してしまいましたが細かく教えて頂き、解りやすかったです。今は彼の気持ちを知りホッとしています。これからちょっと波風がたつようですが乗り越えて彼と向き合えるよう頑張ります。また何かありましたら宜しくお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です